夢中で話すあの人と冷めた夕飯

「ラザニア」について、どう思う?「天ぷら」とは、普段ではどのように認識されているのだろうか。べつに真剣に考える気分になったわけじゃないよ。

喜んで口笛を吹く友達と夕焼け

行きたくて行きたくて仕方がなかった場所、と言うのは静岡県の真鶴だ。
この場所を知ったのは「真鶴」という題名の川上弘美の小説。
読んだものの、自分の未熟な感覚では、まだ深い理解はできない。
だけど、登場する真鶴の雰囲気が大好きで、まだ見ぬ真鶴に憧れを抱いていた。
静岡県の、神奈川県小田原市の真ん中に位置する所がここ。
その突端が真鶴岬。
岬の少し先、海から見えているのは三ツ岩という大きな岩が3つ。
真ん中の岩の上には鳥居があって、潮が引くと歩いてたどり着ける。
思いかなって、現実の景色を見ることができた。
私のカメラの中身は真鶴の景色がいっぱい。
宿の経営者さんにまた来たいと話すと喜んでくれた。

自信を持って口笛を吹く君とファミレス
ひとり娘とのふれあいをとればとるほど、子はとっても私につきまとってくれるようになる。
生まれてすぐは、会社の仕事が大変激職で、会うことが珍しかったため、たまに顔をあわせても泣かれていた。
父親なのにと哀れな心ざまだったが、仕事が激務だからと投げ出さずに、足しげく、休日にお散歩に連れ歩くようにした、抱っこしても、お風呂に入れても笑ってくれるようになった。
今日この頃、仕事で出かけていく時、私が居なくなることが寂しくて涙を流してくれるのがほほがゆるむ。

雨が上がった月曜の日没に外へ

会社に勤めていたころ、仕事を辞めるきっかけがなかった。
そこまで辞職したかったという訳ではなかったから。
チームで働く気持ちがないのかもしれない。
考えるのが面倒で、ある日、熱意を込めて今月で辞職すると口にした。
こんな日に限り、普段少しばかり仕事が細かいと感じていたKさんが、声をかけてきてくれた。
会話で、全然事態を知るはずもないKさんが「この会社、大変だけど、君はもう少し続くよ」と言ってきた。
情けなくて泣き顔になった。
そして、会社の帰りに、教育係に退職を無かったことにしてもらった。

暑い水曜の昼は昔を思い出す
暑い季節らしいことを特別やっていないが、友人たちと今度、コテージをレンタルしてBBQをする。
例年の流れだが、まれに、息抜きになる。
男手が少人数なので、すごく色々となんやかんや準備をしないとな。
特に、炭に火をつけたりが、女の人は不得意な人がけっこういるので、活躍しないと。
しかし絶対にみんなでワインを飲むからその時は、ビールを飲みすぎない様に気をつけよう。

薄暗い月曜の深夜は食事を

最近、明日香と麻衣子とツアーに行きました。
この2人は、私が通っていた大学の同級生で、一緒に学んだ仲です。
しかも、学んだのは旅行関係と観光英語なので、旅が趣味だという学生たちでいっぱいでした。
その中でも、この2人を含む、仲良し6人で世界各国へ宿泊した思い出は忘れられません。
私は今までそれほど仲のいい友達が多くないし、しかも十分だと考えています。
という事で、すごく喜んだけれど、隣で麻衣子が満足しているような顔をしてくれたのも私のツボでした。

雹が降った月曜の早朝は足を伸ばして
大学生のころよりNHKを視聴することがものすごく多くなった。
昔は、親や叔母が見ていたら、民放の番組が視聴したいのに考えていたが、最近は、NHKを見てしまう。
楽しいものが非常に少ないと考えていたのだけれど、近頃は、若者向きの番組も多いと思う。
そして、バラエティ以外のものも好んで見るようになった。
それに加え、暴力的でないものや娘に悪影響がめちゃめちゃ少ない内容のものがNHKは多いので、子供がいる今は見やすい。
NHK以外では、アンパンマンですら非常に暴力的のように見える。
毎週ぼこぼこにして解決だから、私の子供も真似するようになってしまった。

悲しそうに歌うあなたと気の抜けたコーラ

昔の時、株の取引に好奇心をもって、購入したいと考えてたことがあったけれども、しかし、たいしたお金ももっていないので、買うことが出来る銘柄は限られていたから、あんまり魅力的ではなかった。
デイトレードにも関心があったけれど、頑張って稼いでためたお金があっさりと消えるのが恐怖で、買えなかった。
楽天証券に口座は開設して、銀行口座から動かして入れて、ボタン一つ押すだけで買える状態にしたけれど、恐怖で購入できなかった。
せいいっぱい、働いて稼いだお金だから、稼いでいる人から見たら少額でも無くなるのは怖い。
でも一回くらいは買ってみたい。

暑い日曜の午後は足を伸ばして
花火の季節だけれども、しかし、住んでいる場所が、観光地で土曜日に、打ち上げ花火が上がっているので、すでに慣れてしまって、新鮮さもなくなった。
毎週、打ち上げ花火を打ちあげているので、抗議もゴマンとあるらしい。
私の、住居でもドンという花火の音がうるさくて自分の子供が怖がって泣いている。
一回、二回ならいいが、夏休み中、週末の夜、一時間近くも大きな音が鳴り続けていては、うざい。
さっさと終わればいいのにと思う。

涼しい木曜の午後に昔を思い出す

恐ろしいと感じるものはいっぱいあるけれど、海が非常に怖い。
しかも、グアムやオーストラリアなどの淡い水色の海ではない。
もっと上を行くのが、しまなみ海峡などの黒い海だ。
つい、水平線に囲まれている・・・という状況を想像してしまう。
気分だけ味わいたかったら、オープンウォーターという映画が一番。
ダイビングで海上に置いてけぼりの夫婦の、会話のみで話が進んでいく。
どう考えても、私には恐怖のストーリーだ。
もしかすればあり得る事なので、ドキドキ感は大変味わえる。

一生懸命吠える彼女と濡れたTシャツ
今更ながら、任天堂DSに熱中している。
最初は、DS英単語に英語漬けや英語のゲームソフトを中心にしていただけだった。
だけど、ヤマダ電機でゲームソフトを見ていたら、英語関係以外もついつい見てしまい、無駄に買ってしまう。
ピクロスDSやマリオパーティー、どうぶつの森など多数。
変わり種で、中国語講座もヒットしている。
これだけあれば、待ち合わせなどの、退屈な時間にも有効活用できそうだ。


PAGE TOP

「ラザニア」について、どう思う?「天ぷら」とは、普段ではどのように認識されているのだろうか。べつに真剣に考える気分になったわけじゃないよ。
Copyright (C) 2015 曇り空と大海原と蜃気楼 All Rights Reserved.